top of page

代表よりご挨拶

TOP MESSAGE

企業動画制作-動画ソリューション

動画の力で、お客様と社会の発展に貢献する

 コロナ禍を経て、人々の暮らしや仕事、価値観は一変しました。一方、消費や投資、人事面接、裁判など様々なシーンで下される「意思決定」の多くは、事実に基づく合理的なものではなく「事実が心証により歪められた非合理な意思決定」であるという行動経済学の原理はいまだ変わっていません。

この原理を踏まえ、企業のメッセージを印象付け「非合理な人々を導く」ことに対し、動画やデジタルマーケティングは重要な影響を与えます。

 しかし、動画やデジタルマーケティングの世界には、旧態依然とした粗末な動画やサービス、不誠実な企業によるプロモーションが蔓延しています。カーネマンは、それらのものと一線を画すために「優れたヒト・モノの魅力を広げ、社会をより良く豊かに」という企業理念を掲げています。技術の進化に即応し、サービス品質を高め続け、優れたお客様の成長支援を通じて社会に貢献していく所存です。

 最後に、私は「知覚動考」を大切にしています。知って、覚えて、動いて、考える。人は損失の回避を過大評価しますが、失うことを恐れて動かなければ何も得られず、人も組織も退化してしまいます。「何事も行動から学び、その積み重ねが唯一無二の成長を生む」という精神のもと、カーネマンは常にサービスのアップデートと最前線での挑戦を続け、お客様と社会の発展に貢献してまいります。

カーネマン株式会社
代表取締役 
村田真生

カーネマン-村田真生

村田 真生 / MAO MURATA

カーネマン株式会社  代表取締役・コンサルタント

ドラマや商業演劇の俳優・作曲家を経Adeccoに入社。スーパーバイザーとしKDDIの発注代行部門にて生産性改善・採用業等を担当。その後、レジェンダ・コーポレーンに入社大手社の採用支に携わる。

2015「優れたヒト・モノの魅力を広げ、社会をより良く豊かに」という理念を掲げ、カーネマを創業。2度の倒産危機を乗り越えながら効果的な動画の研究開発を行い、データに基づく「企業動画理論」を確立。

これまでNTT西日本ソフトバンク、ボルテックスなど大手・中小企業や官公庁を中心に、動画やデジタル広告の活用による課題解決を前線で支援している。

1990年生まれ、岡山県出身。囲碁七段。

<講演・セミナー実績​>

HRカンァレンス、コンテンツ東京、新宿区、大日本印刷、他​多数

22939083.png

会社概要

社名

カーネマン株式会社 / Kahneman, Inc.

設立

2015年8月4日(第9期目)

所在地

〒163-1320 東京都新宿区西新宿6-5-1

新宿アイランドタワー20階

資本金

7,520,000円

代表者

代表取締役 村田真生

法務顧問

木村佐知子法律事務所

税務顧問

池野修康税理士事務所

取引銀行

三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行

事業内容

動画を中心とする採用・販促・公共支援

・動画制作、サイト制作、写真制作

・デジタル広告運用、コンサルティング

​加盟団体

一般社団法人G1

登録番号

T7011301021537適格請求書発行事業者)

主要取引先

大手・中小企業、官公庁、公益法人

bottom of page